【Excel】合計の条件を2つ以上指定できる!SUMIFS関数の使い方

関数 sumifs

それでは[範囲]から設定していきましょう。 複雑な条件で合計をだしたいとき、お勧めの関数です。 タグで探す• こちらも同じく処理時間が 約50分かかりました。

14

ExcelのSUMIF関数を使って複数条件をOR条件/AND条件で対応する方法|Office Hack

関数 sumifs

ベスト プラクティス 操作 説明 ワイルドカード文字を使う。

14

ExcelのSUMIFS関数の使い方

関数 sumifs

で解説していますので、あわせてご覧ください。 数値を指定 契約者の年齢が「20以下」の、契約料の合計をだしてみましょう。

SUMIFS関数の使い方

関数 sumifs

これは条件2に該当します。

ExcelのSUMIF関数を使って複数条件をOR条件/AND条件で対応する方法|Office Hack

関数 sumifs

先ほどの例で言うと、「分類」(B列)のこと。 結果は 20 になります。

2

ExcelのSUMIF関数を使って複数条件をOR条件/AND条件で対応する方法|Office Hack

関数 sumifs

条件2 条件2には、2つ目の条件を指定します。 条件範囲2を指定する ここからがSUMIF関数ならではの書式設定です。 続いて、[検索条件]欄に文字カーソルを移したいので、キーボードの[Tab]キーを押すか、 [検索条件]欄でクリックすると、[検索条件]欄に文字カーソルを移せます。

11

複数条件OR、複数列に一致するセルを合計!エクセルSUMIFS関数

関数 sumifs

これで、上図のように、算式が自動入力されますので、「Enterキー」で確定して終了です。

4

SUMIFS関数で複数の条件に合うデータを合計【Excel・エクセル】

関数 sumifs

ここでは、点数を合計したいので、D2:D10を指定します。 そのほかにも、SUMIF関数は以下のようなケースで役立ちます。

13