「肥前の熊」龍造寺隆信を恐れさせた男・神代勝利、きっかけは「夢を買った」こと!?

勝利 神代

建てられたのは1789年、佐賀県内で年代が定かになっている中では最古の民家。 佐賀市内や周辺の史跡を探訪する「さがの歴史と文化遺産を歩く会」(豊福英二代表)が結成10年を迎えた。

8

『神代勝利』の動画を楽しもう! | 歴史上の人物を動画で勉強しましょう♪

勝利 神代

この時、三瀬城のある山内の人々は勝利の復帰を大変喜んだという。 だが、隆信とは元年()に再び対立、勝利は龍造寺領の諸所へ放火するなど抵抗を続ける。 神代勝利と不倶戴天の関係にあったのが肥前の熊と呼ばれた龍造寺隆信。

16

戦国の名将「神代勝利」の守り神、佐賀富士町の淀姫神社と吉村家住宅

勝利 神代

龍造寺軍の追求は厳しく、勝利・長良父子や家族らは、大村領の波佐美へと移りそこに隠住した。 何気なく読んでみると、この神社の凄さにビックリしました。

1

武家家伝_神代氏

勝利 神代

神代勝利も頼周に加勢して周(信の)らの暗殺に加担している。 兵部3代の孫十左衛門、慶安中に庄屋となり、氏を国分と改む。 神代勝利は久留米にある高良大社の大宮司を務めた家柄の出。

5

神代勝利とは

勝利 神代

折りしも、勝利は酒宴中であり、不審者を発見した者が焦って注進すると、「そのような者は小河筑前しかおらぬまい。

8

神代勝利とは

勝利 神代

龍造寺との対立 [編集 ] 天文14年()、が一族を謀殺する際に、と共に、冬尚に弁明に向かう最中である、家泰、頼純を500余騎で取り囲んで殺害した。 その紋には、どのような由来があったのだろうか…! 吉永正春『九州戦国の武将たち』(海鳥社・11月). ちょうど玉林寺というお寺がある山があって、その尾根が川にむかってせり出しているのです。 信安との戦い 小河信安との戦いは一進一退で続いていたが、も彼をなかなかの好敵手と認めていたようだ。

16