第二次世界大戦|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

いつ 次 世界 第 二 大戦

ハンガリーは、ソ連および英米と交戦状態にあったが、1943年1月のスターリングラードの敗北以後方向転換し、連合国に接近し始めた。 しかしヨーロッパでは、イギリスの対独宥和政策を牽制しようとはしなかった。

8

第二次世界大戦まとめ|歴史・原因・参加国・犠牲者数・年表まで

いつ 次 世界 第 二 大戦

この日中戦争の終結を求める動きが、のちのの遮断へつながる。 一方、北アフリカおよび東アフリカでの軍事行動開始に続き、1940年半ばにフランスが敗れると、軍事衝突は主にヨーロッパの枢軸国と大英帝国(イギリス)との争いとして続き、その後、バルカン半島における戦い、英国空中戦、電撃戦、長期にわたる大西洋の戦いへと続いていったのです。

アメリカ合衆国の参戦(第二次世界大戦)

いつ 次 世界 第 二 大戦

フランスでは1935年6月、左翼政党、労働組合を中心に人民連合という名称の人民戦線が成立し、1936年5月の総選挙で大勝すると、同年6月、人民戦線政府が成立し、共産党はこれに閣外から協力した。

日本と第二次世界大戦

いつ 次 世界 第 二 大戦

その後、ドイツによるフランス全土に対する占領が始まった直後、講和派の元帥率いるが樹立される。 これはドイツの主権の完全な回復、政治的・戦略的地位の改善を意味するが、その非武装化はベルサイユ条約およびロカルノ条約に規定され、フランスの安全保障に決定的意味をもっていたから、フランスはこれに断固とした軍事的対抗措置をとらなかったことで、自らベルサイユ体制とこれを支える安全保障体系を放棄したといわなければならない。

18

第二次世界大戦

いつ 次 世界 第 二 大戦

侵攻不可能と言われていたアルデンヌ地方の深い森をあっさり突破して、フランス東部に侵入。 ヤルタ会談での重要な検討事項の一つは、ドイツ処理問題であったが、フランスにも占領地帯を割り当て、ドイツ処理問題での発言権を認めた。 我は政府を通じ事態を平和の内に回復させようとし我慢し続けてきたが、彼らは全く交譲の精神がなく無駄に時局の解決を長引かせ、この間かえって益々経済上軍事上の脅威が増大し、それにより我を屈従させようとした。

8

第一次世界大戦という言葉、だれがいつどこで使ったのが最初でし...

いつ 次 世界 第 二 大戦

1944年3月、ビルマの日本軍は、インパール作戦によってインドに侵入しようとしたが、7月大敗した。 各地で連戦連敗を重ね、完全に劣勢に立たされたイタリアでは講和の動きが始まっていた。 5月10日、副総統ヘスは単身飛行機を操縦しイギリス本土に赴き、対ソ戦のため英独休戦を実現しようとしたが、相手にされなかった。

6

太平洋戦争

いつ 次 世界 第 二 大戦

南進が欧米の反発を買うことは必至であったが、欧州はにより東アジアより後退していたため、アメリカへの対策が問題となった。 ベルサイユ条約は、ある意味で三大国アメリカ、イギリス、フランスの利益妥協の産物であったから、敗戦国ドイツだけでなく、これに強い不満を抱く戦勝国のイタリア、日本も「修正」を要求した。 大戦中については個別的な戦闘の経過にのみ注目する戦争史ではなく、戦争の政治史、社会史、経済史に留意し、問題点の指摘に努めた。

第二次世界大戦|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

いつ 次 世界 第 二 大戦

・・テン が上陸を決め込むと制権確保のための独英戦が本格化した。

11