「登竜門」とは?意味や使い方を解説

登竜門

日本でこいのぼりを飾るようになったのは江戸時代からで、「竜門」の故事にちなんで飾るようになったと言われています。 「登竜門」と「点額」は、どちらも鯉が竜門を登るという言い伝えから生まれた故事成語です。

8

登竜門って英語でなんて言うの?

登竜門

関連項目 [ ]• 登竜門を越えても手を抜いてはいけない 登竜門は越えなければいけない取りあえずの目標ですが、最終目標ではないようです。

8

「登竜門」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

登竜門

(成功への入口) なるほど! どの表現も「登竜門」と意訳できそうですね。 もともとは「立身出世や成功のための関門」ではなく、「立身出世や成功のための関門を通ること」を指した言葉でした。

14

登龍門

登竜門

Mayukoさんへ 以前のご質問への回答となり恐縮ですが 少しでも参考として頂けますと幸いです。 出世や成功につながっている試験や審査、賞の受賞などを指します。 芥川賞を例にすると「芥川賞を受賞することは登竜門だ」というのが正しい使い方で、「芥川賞は新人作家の登竜門だ」という使い方は間違っていました。

15

日本シリーズMVP栗原も通った「登竜門」 ソフトバンク甲斐の後輩捕手がブレーク確定?(西日本スポーツ)

登竜門

「登竜門」は、立身出世のための関門として広い範囲で使うことができますが、「入試」や「試験」などは、そのときの状況に合わせて使います。

15

日本シリーズMVP栗原も通った「登竜門」 ソフトバンク甲斐の後輩捕手がブレーク確定?(西日本スポーツ)

登竜門

一番メジャーなのが、小説家を目指している人達が目指している芥川賞です。

18

登竜門の正しい意味!語源は昔から続くあの行事に関係があった!

登竜門

多くの鯉は急流を登れませんが、もし登れたら、その鯉は龍になるという言い伝えがあります。

「登竜門」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

登竜門

登竜門を目指して、皆が努力をし続けている。 士の其の容接を被る者有れば、名づけて登竜門と為す」とあるのに基づく。 「登竜門を登る」「登竜門を通る」は二重表現 「登竜門を登る」「登竜門を通る」などの言い方をすると、「登る」や「通る」という言葉が二重に含まれているので、誤用だと感じる人もいます。

登竜門

登竜門

広義では新人戦や新人賞も登竜門の一つです。

14