今度実習でアニリンと無水酢酸でアセトアニリドを合成します。理論...

合成 アセトアニリド

塩酸アニリンを使う意義というのは、固体として重さが量りやすいことと、No. 3ml 3. 実験操作 A アセトアニリドの合成 300ml 三角フラスコにメスシリンダーで採った水道水 70ml を入れ、駒込ピペットを用いて濃塩酸 2. すなわち、有機化学反応は多くの場合有機溶媒中で行いますが、その実験には溶媒として水を用いているのではないでしょうか。 5ml を駒込ピペットを用いて加え、油分がなくなるまでフラスコを振って溶かす。

アセトアニリドのアミド化による合成法を暗記0にする方法!

合成 アセトアニリド

実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。 そもそも、少量であれば酢酸ナトリウムと反応して、NaClと酢酸になりますが、酢酸は弱酸なのでさほど悪影響を及ぼさないでしょう。

1

なぜ酢酸ナトリウム?

合成 アセトアニリド

温度に対する溶解度は物質により大きく変化します。 しかし、それは収率が増えたとは言わない。

14

第85章 実験-アニリンとアセトアニリド

合成 アセトアニリド

溶解度から析出量を計算する方法 溶解度があらかじめわかっている物質の場合は、溶解度から理論的な析出量を計算することができます。 フェノールの方はプロトン化して親核攻撃力が下がるが、プロトン化していないフェノールが専らアシル化剤と反応する。 普通に、アニリンと、無水酢酸だけでも、アニリンの窒素が非共有電子対を持っているので、 それが、無水酢酸のちょっとプラスに帯電した炭素に攻撃して、 アセトアニリドと、副産物として、酢酸が合成されませんか? 酢酸を用いることには、一体どういう意味があるのでしょうか? 調べてみると、酢酸は、溶媒として用いると書いてたりしますが、それだったら、水でも いいのでは?と思ってしまいます。

10

アセトアニリドの合成実験

合成 アセトアニリド

上述のことを念頭に、何か思いつきませんか? Q アセトアニリドの合成の実験を行ったのですが、塩酸にアニリンを入れ、そこに無水酢酸を入れて、そこに酢酸ナトリウムを入れると、普通なら白色の結晶ができるはずですが、なぜかピンク色になりました。 吸湿性が少ない。 この蒸発皿の溶液にピンセットで操作5の布を広げて入れる。

13

アセトアニリド

合成 アセトアニリド

それがその100分の1にも満たない18. 要は、再結晶の目的にもよります。 A ベストアンサー おそらくレポートの考察を書いておられることと想像します。 また、粗製アセトアニリドが精製アセトアニリドより融点が低いのは、言うまでのないが不純物が含まれているからである。

10

「収率,アセトアニリド」に関するQ&A

合成 アセトアニリド

そもそも酢酸ができないのでしたら何ができるか教えてください。

8

アニリンと無水酢酸からアセトアニリドの合成と再結晶法による精製について

合成 アセトアニリド

3 1の試験管に濃塩酸を1mL加える。

13