リユース食器の灯を消さない!スペースふうの存続に皆様の力を!(永井寛子(認定NPO法人スペースふう) 2020/08/06 公開)

ふう ば ま

2012年6月15日時点のよりアーカイブ。 単独行からツアー参加まで、バリエーション豊かな山行のノウハウ。

名古屋の人文社会書籍出版社 図書出版 風媒社

ふう ば ま

深沢七郎の本源的人間像、岡本太郎の反近代的縄文精神、竹久夢二の弱者への眼、赤松啓介の非常民など、深い闇の中にある情念を掘り起こしつづけた人たちの仕事を読み直す。 そうにふう 火吹竹でふう やうにふう 頬にふう 充らん動物さ、ふう 下でふう 眞ツ直ぐにふう かんしんして、ふう ばつ、ふう 風にふう 不愉快そうにふう 息がつまって浮かびだして来て、かわるがわるふう 色がふう 年増はふうふうふう 鳴海は、ふう 為造はふう 驚きのふう 胸いっぱいにふう ようにふう 風を切るふう 烟をふう 馬子がふう 影がふう いま出し抜けにふう 胸にふう いきをふう 御飯をふう ぢはふう 茂索さんは、ふう 煙草の煙りをふう 田中君はふう 君をふう 蒲團はふう 酒をぐいと飲んで、そうして、ふう 息をふう ついでにあやめようと思いたたれてごくふう おかしそうにふう 煙草の煙をふう あなたもふう 思いがふう それからまたふうわ、ふう ものがふう 九太はふう 詰つた羅宇をふう 客はふう ふうがことに親の目を引く, ふうがある, ふうがありました, ふうがあった, ふうがつかないから, ふうが身に染みわたっているに, ふうが見える, ふうが見えた, ふうが次第に見え, ふうが盛んになりました, ふうがやんで, ふうが次第に失せてしまった, ふうがはじまり, ふうがあるとすれば, ふうがつかなくなると存じます, ふうがついたもののごとく, ふうがつきませな, ふうがあだめかしくて気に入った, ふうがあるであろう, ふうがみえるので, ふうが見えます, ふうが気の毒になって, ふうがうかがわれた, ふうが院によく似て, ふうが源氏に見えた, ふうができず, ふうが昔の物怪に違う, ふうが見えたと, ふうが見え, ふうがあって, ふうがみつかりました, ふうがあるので, ふうがあったが, ふうが見えると, ふうがあり, ふうが付き纏う, ふうがありながら, ようなふうに 追究というふうに 哀れなふうを 仏教というふうに 無視したというふう ことを考えているかというふうに 霊長であるというふうに 要求であるというふうに 頼みになるというふうに いろいろなふうに 有閑階級であるというふうにばかり ことではないかというふうにも 穏当というふう んだというふうに くにというふうに ために役だつというふうに クリスチャンだというふうに どこにあるかというふうに 私だというふうに もんでしょうというふうに 清浄にしてゆかなければならぬというふうに いちばん念仏が申さるるというふうに ものを殺すというふう のが許されているというふうに これだけはしなくてはならないというふうに 椿ばかりでとしよりふう ようなふう 煙草を吸付けてフウと 男が酔っぱらったふう 奈々子のふうが 温室にさくふう 交互に入れて煮るというふうに ようなふうを 偉大なふうには 心配でたまらぬというふうに やり場にこまっているといったふう 力もなくなったというふうに 咳払いとはちがったふうに 典雅のふうが 方を向いて笑って知らないふうを わけを知らないふう 意識しているというふうに 裏のぞきふう 町というふうに 中を歩いているというふうで 遠くを眺めるといったふうに やうなふう 猛烈というふう 我慢しといて下さいというふう 文士であるとかいったふうの 顔を出しているといったふうの これは弱ったといったふう 妙なふうに お嬢様かというふう ようなふうも 油断のふうも 平和が乱れたというふうに 二というふうに ものであるというふうにも 軍隊といったふうの 国というふうに 所というふうに のだというふうに やうに考へられるといふふうにまで 稼業馴れないふう 相談をしているというふう 酒気をおびているふう 怪我をしたふうも ことができないふう 葱を挟んでフウと 気を試そうとするふう 何ごとかと驚いたふう 種子がブウと 云ふふうに 両手を重ねてふうと もんちゃくがあったふう マルクスもいっているというふう 悪魔のふうが 口をきかないというふう そうなふうを 指揮いかんにあるというふうに ここにいるふうを 耳を澄ましているふう のを探しているふう そればかりを考えてゆくふう 小布を探しているふう 勝手へよろけてゆくふう 様子を眺めていようかとためらうふう 猥談かというふうに 面目ないというふうに 酔いでもさますふうを 思案をしなおすふう 闇を見廻しているふう 守りといふふうに 何か言い争っているふう 静かに眠っているふうを 家を思い出して帰ってくるというふう 相手のこじれたふうを 触覚を楽しんでいるふう 姿を知っているふうが 指もささせぬぞというふうが 礼をのべているふう 骨が折れるふう 皇学尊重のふうを 気がつかないふう ことができると思っているふう 利益になるというふうに 題目でいっぷう ミローもわからないというふうに 無責任にきいたふう あばずれといふふうにな 派手なふうを へんなふうに なにくわぬふうを 頬をふくらまして怒ったふうを 焼き魚というふうに 顔をそむけて聴かないふうを 様にと云うふうに 心を砕いていられるといったふうに 摸索していられるといったふうに やうなふうを ことができなかったふう 千代やと飽かずというふうに ようになったふう 観念しているふう ことも忘れたふう 相伴にあずかるといったふう 芸人のふうが お待ちしているふう 良心にさえ咎められているふうさえ 垂涎を禁じ得ないふうが 虜将と蔑むふうも 充分警戒しているふうが んじるふうの 酒屋は飲みつぶして歩くといったふう 沈思しているふう 考えを残しているふう 周瑜と話しているふう 駄目だというふうに いろいろなふうを 耳にかけるふうも 曹操は考えているふう ものがあるというふう 春がめぐってくるというふうに 大酔したふうを 三弗五弗というふうに 独りなぐさめているふう 気にかけるふうも 相談をしあっているふう 側用取次というふうに 苦にするふうも 三郎をつかまえるふう マントをフゥと 所に居てふうと 志を立てたいっぷう 顎十郎のふうて 不審に耐えぬふう 堅気なふう 片口といったふう 繁昌していないふう くせにきいたふうの 藤五郎でなければやれないというふうに 我慢がならないというふうに 気にもかけぬふう ことがあるふう 怕れるふうも 出没しているふう 剣閣に招いているふうが んでゐるふう 奇妙なふうに 才覚つかなくなったふう 煙をフウと 感動さすといったふう ようなふうの ウェルケニヒというふうに 何か落ち着かぬふう 憚るらしいふうにも 素直にはできかねるというふう 無駄にしないというふう 含羞んだふう どこかで待たせてあるというふう 想い出しもしないふう 感傷を誘われたふう 今着いたばかりだというふう 綺麗に使おうといったふう 唆かしに乗ったふうに 女は知らぬふうを 耳にも留めないふう 会得できるというふう 説明するふうが 鼻をうごめかすふうが 上手だというふうに ことにきめたふう 嫌気なふう 気にもしないふう 気もなくなったふう 関係があるらしいふう 相談に行ったふう 話をこわしてしまったふう 雨を見つめているふう 感に堪えないふう 物語をしているというふうに 気のきいたふうの 願いはききかねるというふうに ようなふうにも 腰を上げないであろうというふうに 云ふふう 驚きもしないふうで 女学生かと云うふう 一面であるというふうに 家族関係というふうの 彼はそしらないふうを 狂気じみたふうに すきもならないといったふうに 心を焦立たせるふう 中止を命じるふう こォんなふうに いづみはしおれたふう 気にもならないふう 気のつかないふう さりげないふう 意にも介さぬふう 行動を書いて貰いたいふうに 何か考え込んでいるふう 不思議でたまらぬといったふうに 胸にひきよせたいといったふう 考えが違うてきよったふう 息をして睡ろう睡ろうとするふうを とき私は気がつかないふうに 変なふうに ことも言わずにいるというふう 研究所通いでもあるまいというふう なごりが惜しまるるというふう なごりを惜しむというふう 反省するふうに ように考えられるふうに ものだというふうに りっぱなふうを いくら流行おくれなふうは しんせつそうなふうを 人の寝たふうは 夢中になってしまうといったふうの おれ一人といったふうに へんなふう 思い決したふう 宿命的なふう べつに怒ってるふうは 無頓着なふう そうなふう 峠を越したというふうに 頭をしぼっても思い出せないというふう illusionから目ざめたふう のを感じたふう 物ともしないふう 子だというふうに 躊躇するふう 非常に驚いたふう 頓着しないふう 木村を疎んじたふう 急に思い捨てたというふう 耳にも入れないふう 気に障えたふうを それにも気が付かぬふう 先生は驚いたというふう 心外だといつたふうに 信用していないふう 矛盾にくるしんだふうに 米にといったふう 料理屋といったふうの 躊躇したふう 難儀なふう 眼中にもおかないふうで かすかに思い出したふう 目もくれないふう 古藤は思い入ったふう 古藤も釣り込まれるふうに 引けめを感じているふうは 脊髄まで襲われたふう 無頓着なふうに 意味が読み取れないというふうを 殊勝げなふうを 意趣に見返すふう 考慮しなければならないふう 持ち場というふうには 結合というふうに 放射像となるというふうに 怪しげなふうを きれいなふうを 影を消していきつつあるというふうの 一寸二寸というふうに 工風を凝しているふう 介しないふう つて力んでゐるふうは 氣づかぬふうに 心をはげましてゐるふう 心のきまつたふう それからいひだすといふふう 欣んでいるふうこそ 昼飯のブウが 終業のブウは 兵隊はきこえないふうを 群体を作ったというふうにも 濫発せしめたというふうに やうなふうに 苦心しているふう 遊び疲れたふうを 喉へ通らないふう 希臘型といったふう 楽しみになっているふう 問題にしていないふう 胸さがりにしめているといったふう 侍といったふう 心にかけるふうも のですふう 底にしずんでいるというふう しとやかなふうを 満足したふう わたしはかれにすまなかったと感じているふうを のを待ちうけるふう あとを続けるというふう 演説会といったふう 渋づくりといったふう トウカミエミカミというふうに 一席というふうに ことを好まないふう 山屋敷といったふう んじるふうは 惧れるふう 何んでもやったというふうに 軋轢があったふう 厠へもゆかないというふう 家老だったというふう 溪石にしろと言ったというふう ぎずおそすぎず花ざかりというふうに セン・カンテンというふうに おじぎをするふうを みょうなふうに 三時間というふうに 閉口したふうを そうなふうも 心地がしないといったふう 辛棒がしきれなくなったというふう 感にたえたというふうに 善し悪しだというふう ものにするかしないかというふうに 茫然と見送ってしまうというふう 損だと思っているふう 聞き耳立てているふう こっちも黙っているというふう 外をたしかめているふう アルチザン派といったふうに アカギレにさわってみたいと言ったふうに ヘンなふうに のだといったふうに 適用してみたに過ぎないと言ったふうの 集団異常心理といったふうの んだろうと言ったふうの ぐあいや変なふうに 庭拝見といふふうに ア行ってくれというふうに よう神かけて祈って居るというふうの 風が吹くかというふう 再興のくふうに 耳を立てるというふう 国家が知らぬふうを 眼をくばり歩いているふう さしずを待ちかねるふう 人々がかえり見ないというふう 立停ったふうに 小間物屋のふうを 耳にもかけるふう 逃げになるふうも 容易に信じるふう 落涙のふう 裁可に発しられているふう 永続なども信じているふう いま伊東署で打ち合せをしているふう 努力されたふう 中を洗いあげたふう 連絡をつけたいふう 思いに沈みこんでいるふう 熱心にやっていたふう 何ごともなかつたふうに 背負つてるふうに 場馴れたふう 何か考へてゐるふう 一木一石といったふうの 旦那であったというふう 長脇差といったふうを 御車を降りるふう 時を移しているふう 別れを惜しむふう 彼には包むふうも 慎重に見さだめようとしているふう べつに驚いたふう とむねを突かれたふう 今日よりも騰るというふう 半ば遊び半ば働くというふう ことを知るというふう なつたふうの どこそこに住んでいるらしいと言うふうに 危險も感じていないふう 江戸で食べるといふふうに 腹をすえたふう ガクついてきたふう こっちを待っていたふう 岸へ近づくふうも 高尚のふうが 本を読むふうを 豆をこしらえるふうに 持しているふう 疲れを待つふう 安心したふう 耳もかすふう 呼びすてにしてかえりみないふう 急ぎに急ぐふう 廉恥のふうも 無関心なふうを ぼんやりしたふう なにも知ってないふう 意にしているふう 袖を離れるふうも のを待ちかねていたふう 眠りをさましたふう そうにでも思われるふう 臣事しはじめるふう 笑いどよめいているふう んと言うふうに 生産をするふうが 中からと言うふうに 一軒というふう ようなふうで 田圃が開けるというふう のを楽しむというふうに 郁治は思い出したというふう ことを見て知っているというふうに だらしないふう 通人だというふうを 地を濡らしているふう 警戒を研ぎすましているふう 私邸に養っているふう 痛言しているふう 公卿貴紳に親しむふう 肩をゆすっているふう 喝采しているふう 胸に沁み入ったふう ッと突かれたふう 人にやらせて見ているというふう うちにもってきたふう いちど検討しているふう 派兵に応じるふうも 閑寛たるふう 密議がおこなわれ出したふう 妄想を制しておられるふう 不気味におそわれているふう 承知したふうに 酵母のふうの 気軽なふう 聰明さというふう 影がさういふふう 眼鏡で見たといふふう 工合だといふふうに ロッキー蝗といふふう 頃失敬なふうを 暢気なふうを んでいたふう 容認しているふう 矛盾だったとはしていないふう 異常なふう 感を抱いたふう 後陣へまわされたふう 夜すがら寝もやれぬふう 気にもとめないふう 野望をかえるふうも 喧嘩するといったふうが 気の毒だというふうに プレイガイドというふうに 抵抗のふうは ようなふうにまで 横に倒れてつぶれたというふうに いま眼がさめたというふう いまどこにいるか忘れたというふうに 木というふうに さっきよりは熱したというふう 事もなげなふうを つてゐるといふふうに 希望に燃えたふう 気にとめていないふう 用があるふう 士気も揚がらないふう 意が解けたふう どこか欠けていたふうが 彼をよんでいるふう 義侠のふうを 妙なふう 振り廻して見せるというふう 人を恐がるふうも 気にも止めないふう 粋なふうを 頼みをかけるふう 焦慮を抱いたふう 洞察をはたらかせているふう 言ささやきあっていたふう 逃げもするふう 覚悟しているふう 意識しているふう 耳をかすふう 宥り放つふう 舌を巻いたふう 自分をなだめているふう 家へというふうに 気に病んでいるふう 大ざっぱなふう 妥協に出るふうは ッたふう これへ襲って来るふう 彼が背負って帰ったふうにも 病苦をこらえているふう 後を絶つふう さげに退けるふう 世話をして行くふう 胸にきざんでいるふう 急に思い出したふう 気乗りのしないふう つながりがあるといったふうに 国家をきらうふうが 自殺でもしたいというふう ものというふうに 気にも留めぬふうに 信頼せよというふう 落ち付かぬふうを 先とちがったふうを 学徒が考えているとは違ったふうに 優勢であるというふうに 同様なふうに 感心してみせるといふふう みたいなふうの 時ふふうと 考えごとをしているふう 村というふうに 冷淡なふうを へんてこなふうで 平気なふうを ようなふうは 敬意を表するふうを ぼんやりしたふうを クリストフは聞えないふうを 興味をもたないふうを 軽蔑してるふうを 書物を読み耽ってるふうを 興味あるふうを 何にも気づかないふうを 軽蔑するふうを 散歩してるふうを 目につかないふうを 感心したふうで 南朝鮮で生れたというふうに なんだというふうに 玉をさらわれるふうに 気を向けてるふうを 耳を傾けるふうを 二人はたがいに知らないふうを 様子を知らないふうを おしゃべりを聞いてるふうを 景色に見とれてるふうを 彼女は恐がってるふうを 冗談に怒ったふうを 厭なふうを ほんとうだと信じてるらしいふうを 客をもてあましきっているふう 頓着しているふうも 人見知りをするふうも 気の付くふうも 声をかけても気付くふうも 冥土からでも出ただろうといったふう 姉さんはふう 加味くふう 鼻からフウと 絹あきんどといったふうに 贅六なんかときいたふう 考案くふう いっさいのくふうが ッもふうも あっしがきいたふう らいもくふうも 山住流自慢のくふう ようななんぞよいくふう 蘭どのが思いついてくふう ためのくふう 蘭しごきのくふうが 腹を凹ましているふう 中に乗っていた見慣れないふうを みずから尊大なふうを 目配せに気づかないふうを 通暁してるふうを 後悔していないふうを 作者を知りながら知らないふうを コントラバスがおどけたふうに 聴衆を見ないふうを 興味を覚えてるらしいふうを 返辞を聞くふうも 方を見ないふうを ゴットフリートは聞こえないふうを 真面目に取らないふうを 真面目なふうで 人々は聞こえないふうを 点だというふうに 気にしているふう 昂然たるふうすら 自負していたふうが 風といったふう 梶に呟くふう ガラスというふうに 結合されるというふうに ものであるというふうに 一くふう 映画であるというふうにも 全部めちゃくちゃにけなしつけるというふうの のかもしれないというふうに 細かいくふうを 母のふうが 非常識なふうや 真面目な考え込んだふうに ように考えてるふうを 小娘のふうを 思出していられないというふう 気にかかるふう 手伝いをするというふう 煙をプウと 気にしてないふう 何か片付けるふう ことだと思ってるふうを 姿に気づかないふうを 向こうからはわからないふうを 彼は引き留めたがってるふうを 散歩といったふうに 元気なふうまで 労働者のふうを 耳に入れないふう ことにも気がつかぬふう 買つて出るというふう 終つたというふう ものと信じているふう 酔つているふう どれかにきめるというふうに 大様なふう 只は起きないふうに 酒を飲むふうも 軽蔑しきってるらしいふうを 嫌悪のふうを 彼女は怒ったふうを 心を向けてるふうを それが聞こえないふうを 快活なふう げなふうを あとについて出るふうを ついでにといったふう 恥さらしとかいうふう 息を呑んで待ちかまえているふう 感に堪えるふうに 易々諾々のふうが ほど苦しみがふえるふう 思いになるふう のを愛していらっしゃるふうを 以上に強がったふうを それに気づかないふうを のかわからないふう 彼は聞こえないふうを 揚々たるふうで エマニュエルは聞こえないふうを 呑気なふうを 仕事を広げて働いてるふう 彼らは聞こえないふうを 道理だというふうを 療養院らしいふう 自然を知らないふうを まじめなふうの 大事なふう 貴族に負けないふう 尊重するというふうを 私を恨むふうも ばかにしたふうで 意外なふうにも ことだと思うふうに 気の毒なふう 注意をしているふう こちらへ歩いて来るふう 物思いがあるふう 物馴れたふう 自分たちだけだというふうを 質素なふうを 気がつかぬふうで 夕顔が思うふう 気を失っているふう 胸が掻き乱されたふう ままのふう 失心したふう 愛情があるふう 容貌に誇ったふう 人に知らせたくないと思うふう 病苦のあるふう 感動したふう 女房たちの困りきったふうが 子供にも読めるふうに ことを言ってしまったと思うふう 気のきいたふうを 父宮を思い出すふうも 雪をながめるふうは 桐壺で泊まるふうを 何も気づかないふう 可憐なふう 恐縮したふうを 感じの受け取れるふう 物思いに堪えないふう ただ怒ったふうを 酔いに悩むふうを 夫婦ができ上がるであろうというふうに 湯舟沢でも負けてはいないというふう 部屋代を払うというふう 恥をかいて来てくれるなというふうに ことを忘れかねるというふう 疲れが出たというふう 家を出て見るというふう 先輩は歩き疲れたというふう 安心したというふう 道路を通るにさしつかえはあるまいというふう 志と違うというふう 方からでも降りて来たかというふう 時を送ったというふうに のに驚いたというふう 派手なふうに 今日はくつろいだふうに 物怪がついたふうの そうにめいったふう 心の湿ったふうの 厭世的になっているというふうを 気の毒なふうに 清算をしてしまったふうに おなりになったふう 病悩はおさまったふう 顛倒させたふうに 冷淡なふうに りっぱなふうに 平生よりも打ち解けたふうの 本意なふう 簡素なふうを 心が打たれるふう 歎き明かしたふう 悲しみに堪えないふう 事は好まないふう 訳がわからないふう 平静なふうを 可憐なふうに たよりないふうに 忘られぬふうに 興味を持つふうを 高雅なふうに 心の動いたふうも おしまいになったふう 肯うふうは 思召すふう 態度を取っているというふうを 途中が気づかわれるふうが ことを恐れるふう 女は思うふう 職業に楽しんでついているふうに 強飯というふう 悲しみになるふう 心を解したふうの 理解したふうに みじめなふうに 真剣なふうに 笑いがおさえられないふう 敬服したふうを 冷静なふうを 大臣は帰って行くふうだけを 不良なふうなどは まじめなふうで 朗らかでないふう ようなふうには 質素なふうで 忠実なふうに のかというふうに 返事を書こうとするふうの 味のあるふうを 喜びに満ち足らったふう 人を愛してやらねばというふうに 想像などはしないふう 下心をほのめかすふうに ほんとうにして見せようとするふう 気のつかぬふう 腑に落ちぬふうを 気のつかぬふうを 好意を持つふうを 喜びになって目だたぬふう 用があるふうを 几帳を引き繕うふうを ものでないというふうに 心の惹かれるふうを 無邪気なふうで 他人がすぐれたふうに 気楽なふうに 皆かしこまったふう 熱心なふうに 焦慮するふうを 気が進まないふうに 宿ともなれないふうの 平生よりもめいったふうを 嫌だといったふう 空気を食べてたふうの お知らせしたというふう 胸に迫るふう 子と認めようとするふうは 批難するふうに 真底から感じているふう ことにはしておかれないふう 急に許そうとしないふうが 気のめいるふうに 無関心なふうに 何も知らぬふうに 機会はないかもしれないと思ってうつぶしになって泣きながら行こうとしないふう 思召すふうも きまじめなふうで 指図をするふうに 断念したふう おいでになるふうの 瑕も許さないふうに ことを悲しむふう 焦燥するふうを 宙に浮いたふう 暗記しようと努めているふうが 返事の書けないふう 気おくれが出るふう 物馴れたふうに 初めきらってるふうを 偶然らしいふうに 穏やかなふうを 気にかけないふうを 結婚はせぬと思うふう おいでになるふう 冷静なふうなどは 冷静なふう 気にせぬふう 恨みの解けぬふう 返事が手間どるふう 幼稚なふう 老成なふうに 保護者らしいふうに 妹に対するふう 平生よりはめいったふうが 気のつかないふうを 実母に対しても打ち解けたふうが 身にしむふうで 思いになるふうの 交渉しているふうに 朗らかなふうを 頓着していぬふう 饗応というふう 無心なふうに 娘心を打たれたというふう 下に見たというふう 道を行なうというふうに 妥協を重ねるというふう 杓子もというふうに 気になるというふう 鑑定するというふう 道であるというふうに 皆願っているというふう 衛門督がめいったふう おできにならないふう 選定されるふうも おっくうなふうを ことは知らぬふうに 尼とが目だたぬふうに 賢がるふうに たよりないふう 気のつかわれるふう 後悔をあそばしたふう 督は喜びながら目だたぬふうを 同情の欠けたふうを 放擲したふう 敬意を払うふうに 羞恥を見せるふうが 爽快なふうに 信頼したふう ここを出て行くふう 大臣も出てくるふう 自然なふうに 憐む涙が流れ出るふう ことも知りながら寝入ったふうを 愁いが催されるふう はなやかなふうに 襟を洗うふうを 友情を忘れないふうに 気はつかないふう 雅致のあるふうに 病苦が加わったふう 物思いをあそばされるふう ここに落ち着くふうを 微笑するふう のだというふうを 貴女らしいふうにも 不審をいだくふうを 今目をさましたふうに 感じになるふうの 死であるというふうに 混乱しているふう 皆おさえて知らぬふうを のんきなふうを 気にとめぬふうを 嫉妬に取り合わないふうを 無情なふうを 美人でないと思うふうを ことを思い出しているふう 共鳴したふうの 純粋なふう のをしいて知らぬふうに 悲しみにぼけたふうには 不安におびえたふうが 朗らかなふうの 躊躇はしないというふうを 老成なふうの 女王は困っているふう 気の浮かぬふうが 昔に変わらぬふう 元日とは変わった打ち解けたふうに ことを悲しんでめいったふうに 物思いのふうの 貴女のふうの 気がかりに思うふう 絶縁したふうに 優美なふうは 無愛想なふうを 物なれたふうに 内気なふうに ことのできないふう 手紙というふう 思いになるふうまでも 優雅なふうの 心の残るふうに それはさせたくないというふうに 超越しているというふうを 気がかりなふうに 冷淡なふうは ように思われるふうに 言葉も出しえないふう ほうでは思うふう のではないかというふうに 聖人のふうには 安心しているふうに ようなふうにばかり いやでならぬふうを 愛嬌の添ったふう 志に違うなどと言って聞き入れるふうが 君を薦めるふうは 恋人に逢いたいというふうの ぼんやりとしたふうで 冷静なふうの 別れにめいったふうを 気にせぬふうを 使用されたいというふうに 人を愛しているふうに ままでは帰れぬふうを 冷ややかなふうは 物思いをあそばすふうを 哀れなふうに 物思いにやつれているふうも 気の進まぬふう ほど平静なふうを 世捨て人らしいふうを 満足なふう 薫を知ったふうの 緊張したふうに 宮の進まぬふうは 耳にはいってこぬふう 恋を感じぬふうを 艶なふうを 静かなふうに 平生よりもめいったふうの 慰めもするふうに 賛同を求めるふう 幸福なふう 高貴なふうが 残念に思うふうも 何も覚えていぬふう 不思議なほど目だたぬふうに ここを捨てて行くふう 気を置くふうに ゆるやかなふうに 恐怖するふうは 嫉妬も知らぬふうを のであるというふうに ことはできないふう 心が出たふうに しめやかなふう 耳から探り出したいと願うふうが 女房はわかったふう 貴女のふうに 皆移り気なふうに 躊躇するふうを 人笑われなふう ものが言えないというふうが ことのできぬふうは 愁わしいふうで 夫人は騒がぬふう 貴女らしいふうも うたた寝のふうに 執心をあそばすふうの 世なれたふうに 愛を受け入れたふうの 何も知らぬふう 優美なふう 人を思うふうの 物思いばかりいたしているふう 今出るふうに 宮は驚いたふうに いらいらとなさいますふうの 武骨なふうの 気が進まないふう 病をしているというふう 悲しみになってめいったふうに めんどうなふうの こともできないふう 病気をしているふうを これほど悲しむふうは 意味もあるふう 夜の明けるまで語っても語り足りないというふう おいでになったふう 友情以上に進んでいこうとするふうを ように思って楽しまないふう ことなどは知ったふうには 者に言うというふうにでも 機嫌を損じたふう 感興をもよおしているふう 顔をつき出すふうに 快癒したふうの たよりないふうをばかり 可憐なふうで いつでも目だたぬふうに 人に隠すふうを 理由か沈んだふう 好奇心の隠せぬふう 接近したいふうを ことができぬふうに 人はぼけたふうに もの哀れなふうに 悲しみに堪えぬふうの 尊敬を払うふう ことも知らないふうに 普通のふうに ものも言われないふう 要領を得ないふうで 何も聞えないふう 要訣が悟れるというふうに 死をとげたからというふうに 手紙にふうを 快活のふうを 感に堪えぬといったふう 胴というふう 芝居といふふうに 風に吹き飛ばされたふうを 血を凍らせたふう 恐懼しているふう 口も閉じているふう 袖のきいたふう 踊りもできというふう きりと探しているふうに 斯んなふうに 様々なふうに 表現のくふうといふ 鶏をたべるといったふう びっくりしたふう 武者人形をひやかしているふう 罪であるといったふう 思案しているふう 器量人といったふうに 思案してゐるふう ナニしようと言うふう ように改められるというふうに 沖縄方言にふう 口をふくらせてふうと 都のふうに 貴方まかせというふうに いずれ後でというふう 大袈裟だというふうに 顔だけ出すというふう ものだというふう 子供を守りするふうを 顔色をさえ見るというふう 三日も休むというふう 話で持ちきりというふう はずだというふう 気の利いたふう 耳を傾けるふうも 櫓下芸妓もあるといったふう 幾本もはいっていて忘れたというふう 手足ぃ縛らへてたふう 手足ぃ縛らえてたふう 意識したふうの ドウいうふうに ソウしようというふう 色着けをするといったふう 福岡というふうに 説明するというふう 調べにやって来るというふう 気がすまないというふう 土橋とかいふふうに 私につづけて問いたいふう 口端できいたふう ことを好まないふうが ことを聞いているふう ことばを取り上げるふうも べつにたいして驚いたふうも 眼にはいらないふう 興味をそそられたふうも はじめは気がつかないふう 乙うきいたふう 関係がのみ込めなかったというふうに 係数というふうに 演戯小屋が出来るというふう みずからわれを忘れるというふう 問題であるというふうには 一年はたつというふうに 一度というふう はずだったというふう 四谷というふうに 意見も聞かぬふうに きのふ今日といふふうに クイというふう 田舎羊羹むしゃりむしゃりと頬ばらるるというふう 無心のふうを 気にするふうも 欠点があるかというふうに 雨にあわせてやるというふうに 身すぼらしいふうを 期間をおくというふう 害を加えるというふうに 結末を急ぎすぎたというふうに 延期したというふうに 愉快なふう それこそ聞いたふうの いま聞いて来たふうの 來たふうの さに堪えないというふうに 二箸というふうに 実現されるだろうというふうに 首を傾げて考えこむふうを 召使いとか云ったふう 同情を求めているふう 何か起っているふう 配合を考えてくふう 食道楽というふうには 鴨というふうに 士を好むというふうが 肉をあたえるふうを 二日に改めるというふう 乞食のふうを たいのふうを かみさんのふうを 感心して聞いておったふう 大島センベイといったふうの 他人から頼まれたふうに 氣輕なふう がてんがいかないというふうに 輕躁亂舞のふうも あそこというふうに 声を貸しているとでもいうふう ことをきめるというふう 別なふうに 力を授けられたというふう 活溌でうちとけたふうに 役人というふうに のだというふう 別なふうにも 意識にいれてるふう 急に気がついたふうに 関心のふうを 口をまげてふうと あっけにとられたといったふう 彼を見まもっているといったふう ようなふうが 気がつかなかったふう 返事に困ったふう 謙蔵を避けるふうが そうなふうには 口にするというふう ぼくはプウと 彼を迎えるふうは 様子をさぐって来るといったふう 何か書きつけるといったふう 何か考えているふう 窮屈さを感ずるというふう 焉といったふう 何か考えるふう 取調べをしているというふうは 感慨にふけっているというふう 眼を据えているといったふう 何か読み出すといったふう 尊敬されているといったふう 地べたにおとして考えるふう 頭をつかって考えたりするふうは 辛抱し聞いてるといったふう 現象が起こるというふうに イディオムなどといふふう 何かおちつかないふうに べつに驚いたふうも のを楽しむといったふう 大空に向ってふうと 自分を制するといったふう 耳を傾けるといったふう 姿そのものであったというふうに 自然と化すというふうに 新聞小説を読むというふう 興味しかもちえないというふうに ノートに書きつけるといったふう 一目おいているといったふうが それでまぎらしているといったふう 成り行きを見まもっているといったふう 腰が落ちつかないふう 始末しかねているふう 進行係をつとめるといったふう 何か考えこむといったふう それを迎えるといったふう 陰気に押しだまっているといったふう 室にとじこもっているといったふう 旗をふりまわすといったふう 漁師みたいなふうを 気もとめないふう 考へこんだふうを 憧憬と言ったふうの 壁をきずいたりするふう 斧をながめてふうっと 何も聞かないふう 彼は弱ったというふうに 彼女は驚いたふうを 恋を寄せられたというふう 鼻からふうっと 気が届かぬふう 一里ほどもあるふう 世界というふう 誤解を受けまいというふう 労働には使わないというふう 救いに行くというふうの 食物としているというふう 五艘とるというふうに 勢力範囲になってしまったというふう 今に残っているというふう 今に出るから見ていろというふう 必要だというふうに 日本で拵えて送ってくれというふうの 王座を占めるといったふう ことがあるかなあというふう 努力というふう 道徳的とかいうふうに 意味が解らなくなってくるといったふう 河岸のふう 省作に近寄りたがるふうが 平次は考へるふう 山猫はなるほどというふうに 山猫はなるほどといふふうに 十一時まですわるというふうに 申し訳は聞きたくないというふう 長者のふう のではないかといったふう 規矩に囚われているふうが すべて敬題というふうに それをひろひにいくふうを こういうふう 汚いふう そういうふう どういうふう こんなふう あんなふう どんなふう くふう そんなふう いろんなふう 貧しいふう ないふう 素知らぬふう みすぼらしいふう おかしなふう なくふう なにげないふう かるくふう 汚らしいふう 何気ないふう そういったふう うらやましいふう こうしたふう しどけないふう そうしたふう 悪いふう 時々ふう きたないふう きたならしいふう もうブウ そのふう っぽいふう このふう 近いふう 小賢しいふう かえってふう 深いふう くくふう ともくふう にくふう あらゆるふう いかなるふう あのふう とくふう 軽いふう 弱々しいふう うとくふう 恨めしいふう なつかしいふう かわいいふう 思わしいふう 美しいふう 悲しいふう 親しいふう はかないふう 珍しいふう 頼もしいふう 気むずかしいふう やすいふう 幼いふう 忙しいふう 柔らかいふう しめっぽいふう 心細いふう くやしいふう 悩ましいふう 心苦しいふう 睦まじいふう 若々しいふう 苦しいふう 寂しいふう うといふう うれしいふう つつましいふう 少ないふう 強いふう にくいふう 頼み少ないふう 気安いふう がたいふう 楽しいふう いたいたしいふう よいふう 醜いふう うとうとしいふう いたましいふう 腹だたしいふう たまらないふう 恋しいふう 好いふう よそよそしいふう なまめかしいふう こんなフウ いいふう やがてブウ なうふう いふふう 都会ふう 町ふう いなかふう 在郷ふう 気ふう ふうちやん フウ成 田舎ふう ふうむ ふうはり 田園ふう 西洋ふう ふうがわり イギリスふう フランスふう煉瓦造り フウ公 アメリカ人ふう 所謂ふう病 一同ふうふう 狩野ふう 絵かきふう 飲み屋ふう アパアトメントふう 王朝ふう 島ふう 江戸ふう 手代ふう 蔵前ふう 浪人ふう 儒者ふう 昔ふう 円屋根ふう ヴェニスふう むかしふう 聖ルイスふう 召使ふう こんふう ぷう變つた物語 ふうむふうむと感心 ときふう 通ふう 居酒屋ふう 旦那ふう 番頭ふう ひとりでくふう ふうッ ふうてい つうふう 職人ふう 内儀ふう 自叙伝ふう 四条派ふう 長崎ふう 役人ふう 数寄屋ふう 上方ふう 辰巳ふう といふうはさ ふうちの 哲学ふう 米国ふう 政治屋ふう シナふう ブリューゲルふう 封建ふう 学生ふう ふう百疋 ふうー ふう成 ふう嘘 ふうーん 壮士ふう ツぷう ユトリロふう ツぷうツぷ いふふうぢ そうふう 東京ふう コルビジェふう ディヴァンふう アメリカふう イタリーふう いおうふう ホフマンふう エピローグふう ふうら 日本ふう 店ふう 渡り廊下ふう 民話ふう ドストエフスキイふう ふうむと鼻 葉子がくふう ルイ十五世ふう 英国ふう 雪国ふう 大ふう パレードふう いまふう 講武所ふう 自然主義ふう ノルマンディーふう 英吉利ふう 欧羅巴ふう バンガロオふう 朝ふう 豪傑ふう 土方ふう かくふう 如此ふう ふうちゃん 英雄ふう レヴューふう 現代ふう 蒲団ふう 町娘ふう 目明しふう 遊び人ふう 下屋敷ふう といふう フウ田舎 ふうム 満腹ぷうばっしい 言つたふう ふうむなるほど 学者ふう 妾ふう 遊人ふう 女学生ふう 轉婆ふう ふうむ薪 ふうみい ふうみい三行 草双紙ふう やうしんかい地ふう ロシヤふう 悪魔ふう 力士ふう 今ふう カトリックふう 工員ふう 外国ふう 中間ふう 町人ふう お店者ふう フウそう 浪士ふう 日記ふう ホッテントットふう 商人ふう 支那ふう ダンサアふう 絹縮ふう がくふう ふうむのう はくふう ふうの 武家ふう 高家ふう なにごとかくふう 家人ふう 花火がくふう ふうむな 下町ふう 若党ふう 国侍ふう 町奴ふう ふう苦心 ふう主 知恵がくふう 武芸者ふう 奥方ふう 御家人ふう あにいふう ノクターンふう ロシアふう ヤンキーふう 日本人菊五郎はくふう ドイツ人ヤニングスはくふう ドイツふう ふうだい 作者はくふう ふうつき 彼女はくふう ふういかん 解しゃくやくふう うたふう フロオレンスふう 婦人雑誌ふう 野分ふう 私はくふう むだ書きふう 思召すふう 老人ふう 労働者ふう ジプシーふう ぷう變 言ふうづ 御新造ふう 一つフウ 親分ふう 屋敷ふう ふうむと口 後家ふう 後家さまふう 寮ふう 女ふう 云ふうら 読みものふう ルノアルふう カテージふう 口笛吹きぬ八丈島たいふう ふうぉんたがぴたりと声 英語ふう こっちふう ゴセックふう 奥様ふう 花嫁ふう 洋ふう ぷうッ 会社員ふう 最初仁清ふう 仁清ふう 日本ふう彩色 社員ふう特派使節 知つたふう 名所案内記ふう ふう変り 南蛮ふう 云ふう ブウちゃん わんぷう 水郷ふう ぷう變つた雰圍氣 ぷう變つて ふうむとおうなりになったから 船員ふう 違ふう 奇事異聞ふう 漢文ふう 笑ふう フウねずみ LESEDRAMAふう 紳士ふう やまべといふう 浦ふう 前後の言葉をピックアップ 動詞をランダムでピックアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 形容詞をランダムでピックアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・. 近代デンマークの国民的思想家・グルントヴィの若き日の思索をオリジナル・テキストから本邦初訳する。

名古屋の人文社会書籍出版社 図書出版 風媒社

ふう ば ま

草の根文化行政の推進の秘策や、幻に終わった県庁移転構想の内幕など、貴重な証言の数々…。 「学びあいの授業」「深い学び」の授業が、すでに大正・昭和前期の授業実践の中にみられる事実を明らかにする。 福島第一原発事故から約10年、被曝地域ではいま何が起きているのか。

16

大島由香里アナ、金子恵美氏の発言に「“夫婦漫才”見させられてるふうになっちゃう」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ふう ば ま

参考文献 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 そんな著者のもう一つの顔である、アーティスティックで前衛的なヘアスタイルを創出するヘアクリエーターとしての作品集。 〝差別〟を前提に展開する〈多文化共生〉社会の欺瞞を衝く。

10

ふう(垂水/居酒屋)

ふう ば ま

[掲載エリア]は、名古屋・愛知・岐阜・三重・滋賀。

7

「ふう」で終わる言葉(3文字以上)

ふう ば ま

百名山踏破をめざして、その計画から山行の実際を丁寧に書き留めたエッセイ集。 序文=小木裕文(立命館大学教授)• 半世紀にわたる手作りの個人誌『風『雅梨』『樹科』から19篇を収録する。

18