フリーエリアが1日乗り放題!信州ワンデーパス|JR東日本旅客鉄道株式会社 長野支社

ワンデー パス 信州

初回乗車日から 2 日間有効です。 大人 2,680円, 小児 1,050円 フリーエリアは、下図のとおりです。

4

2640円でフリーエリア1日乗り放題!信州ワンデーパスなら長野県のJRの移動にお得!

ワンデー パス 信州

下社春宮。

3

「信州ワンデーパス」で車窓が美しい長野のローカル線を旅しよう! おすすめの使い方、購入方法などを紹介します!

ワンデー パス 信州

有効期間は2日間です。 【大人】 2,620円 【小児】 30円 まとめ 『えちごワンデーパス』を紹介しました。

13

中部・信州方面で観光に使える4つのフリーきっぷ

ワンデー パス 信州

長野~上諏訪の日帰り往復利用でも十分に元が取れます! また、別途特急券を購入することにより北陸新幹線・特急列車にも乗車できます! なお、上田・湯田中方面などを一緒に観光したい方は「」がおすすめです。 大小3つの湖が次々に車窓を飾ります。

9

信州ワンデーパスの旅

ワンデー パス 信州

ただ、ささやかに設けられた露天風呂の湯は温い。 信州のローカル線は、季節を問わず美しい車窓が眺められますので、青春18きっぷの時期以外にも、この「信州ワンデーパス」を活用して汽車旅に出かけてみてはいかがでしょうか? 関連記事 JR東日本のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。

1

中部・信州方面で観光に使える4つのフリーきっぷ

ワンデー パス 信州

ゆったりとした座席に、大きな窓で、車窓を満喫できます。 133• 「信州ワンデーパス」で乗りたいおすすめ路線 この「信州ワンデーパス」で是非乗車したいおすすめのローカル線を紹介してみます。

3

信州ワンデーパス【JR東日本長野地区】

ワンデー パス 信州

普通運賃 4,450円(信州ワンデーパス利用で1,770円お得)• 172• 万治の石仏が迎えてくれる• 各路線や観光列車については、後ほどご紹介する「おすすめ路線」で詳しく紹介します。 長野~松本間を往復した場合の運賃が2280円、長野~塩尻を往復した場合の運賃が2640円。

14

「信州ワンデーパス」で車窓が美しい長野のローカル線を旅しよう! おすすめの使い方、購入方法などを紹介します!

ワンデー パス 信州

特急券を追加で支払えば、乗れますね。 千曲川(長野県内)~信濃川(新潟県内)に沿って走る飯山線は、里山ののどかな田園風景の中を走るローカル線といった風情です。