エッジコンピューティングのソリューション事例: Vol.70 No.1: デジタルビジネスを支えるIoT特集

エッジ コンピューテ ィング モバイル

4月25日にディープラーニングの推論処理に特化したAIプロセッサーの新製品「ZIADV500」の提供を開始したことを発表、低コスト化や高性能化、低電力設計を可能としたエッジAIシステム実現への足がかりとなるだけに脚光を浴びた。

AIチップ・次世代コンピューティングの2事業を始動・公募開始

エッジ コンピューテ ィング モバイル

端末における負荷の高い処理をエッジサーバで分散処理することで、端末の性能によらない、高速なアプリケーション処理が可能になります。 エッジコンピューティング導入にデメリットはあるのか? トラフィックの混雑解消、そして迅速な対応の実現につながるエッジコンピューティングですが、 デメリットも存在しています。

2

エッジコンピューティング

エッジ コンピューテ ィング モバイル

ただ、従来のように人がアナログ的に調査するのは、時間も要して非効率です。 IoTの普及とともに、クラウドだけではできない大量データの処理や高速応答を受け持つ役割として、エッジサーバによる超分散コンピューティングは、ますます広がりを見せ始めています。

15

【エッジコンピューティング】関連が株式テーマの銘柄一覧

エッジ コンピューテ ィング モバイル

今回は、エッジコンピューティングの概要とメリット・デメリット、そして活用が期待される分野・サービスについて、分かりやすく解説していきたいと思います。 1990年代、インターネットが登場します。

5

融合“AI&IoT”、急浮上「エッジコンピューティング関連」注目8銘柄 <GW特集>

エッジ コンピューテ ィング モバイル

特に中小・ベンチャー企業にとっては、革新的なアイディアがあるにもかかわらず、新規参入等にあたりそれらが高いハードルになっています。 IoTの技術を使えば、効率的に可視化することができます。

4

東芝、エッジコンピューティングデバイス「DE100」の実機を展示

エッジ コンピューテ ィング モバイル

コンピュータ上に搭載する解析エンジンが、カメラ映像から動体領域の認識と頭部領域のマッチングを行い、人物をカメラ映像から抽出、更に、人物の動きの予測を行って追跡しています。 エッジコンピューティングのメリット・デメリットを考慮しながらシステムを構築していくことで、様々な分野の業務・サービスがさらに円滑化することが期待されます。

4

エッジコンピューティングのソリューション事例: Vol.70 No.1: デジタルビジネスを支えるIoT特集

エッジ コンピューテ ィング モバイル

(1)高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業 【研究開発項目1】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発• また、遠く離れたクラウドにアクセスせずに、デバイスの近くでデータを処理するため、 応答速度を高めることができるというメリットもあります。 フォローする• IoT機器側に高い性能を持たせる必要もなくなるため、より小型軽量化できるメリットもある。

5